ホーム > Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

【腱板損傷】〜肩の痛み〜

2021.07.29 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!
柔道整復師の笠原です。

とても暑い日が続いていますね!

台風の影響は新潟県には少なかったみたいですね!

 

その中でも熱いのはオリンピック🇯🇵
世界中が盛り上がってますね!!
中でも13歳で金メダルは衝撃でした!!!
今スポーツをがんばっている子供たちに夢を与えてくれますね^^

 

それでは、本題に入っていきます!

 

今日お話しするのは【腱板損傷(けんばんそんしょう)】です!

 

字の通り肩の腱板が損傷した疾患になります!

 

では腱板(けんばん)について説明します。
腱板は肩の安定性のために必要な四つの筋肉
・棘上筋
・棘下筋
・小円筋
・肩甲下筋     の腱の集まりを肩腱板と言います。

 

これは上腕と肩甲骨をくっつけるという働きを持っています。

これによって、脱臼を防ぎ肩を動かす事ができます!

とても大事な役割ですね!!

 

 

そしてその腱板が傷ついてしまう腱板損傷は、
40歳以上の男性に少し多いです。
(♂62% ♀38%)

発症年齢のピークは60歳代です。

 

 

症状は
・肩の運動障害
・夜間痛(眠れないことがあります)
・痛みはあるが腕はあげることができる

 

五十肩と症状が似ているため間違える人が多いです!

 

五十肩→関節の動きが狭い
    固まった感じがある

 

腱板損傷→力が入りづらい

 

このような違いになります。

 

 

次に原因についてお話しします。

 

主に3つあります
① 年齢によるもの
② 外傷(ケガ)によるもの
※日常生活の少しの動作でも傷めることがあります!
③肩の使いすぎ(オーバーユース)

 

このようなことが原因になることが多いです。

その中でも1番多い原因は加齢です。

 

当院では、

肩が挙げられるか

動かせる範囲の確認

筋の萎縮の確認をします

また、いくつかの腱板損傷の徒手検査を行い腱板損傷と判断します。

 

検査の結果、患者様ひとりひとりに合った施術を行い、早期回復を目指します。

 

腱板損傷に似ている疾患として、

・五十肩
・上腕二頭筋長頭腱炎
・石灰沈着性腱板炎     など

このようにいくつか似ている疾患があるので、

肩の痛みでお困りの方は早めの受診をお勧めします!

 

当院では腱板損傷の治療も行っております!

他の症状についてもブログやインスタ、Facebookに載せてあります!

何か気になるものがありましたら見てみてください!

もし何か気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい^ ^

 

Instagram https://www.instagram.com/nakanokuchiinmata/ Facebookhttps://www.facebook.com/inosekkotu/

 

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

中高生スポーツの三角骨障害について

2021.07.19 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

こんにちは!

柔道整復師の浅井です。

 

今週は最高気温30度以上の日が続くと予報が出てましたね💦

毎年、熱中症の方が沢山出ていますので皆さん水分補給を忘れずに!

 

さて今日は三角骨障害についてお話ししていきます。

この症状は、

足関節後方インピンジメント症候群の1つです。

 

つま先立ちやボールを蹴るなどで足の甲を伸ばした状態のときに、

過剰な骨である三角骨が足関節の後で脛の骨(脛骨)と踵の骨(踵骨)の間に挟まれて

痛みが生じることを三角骨障害と呼びます。

 

中高生が多く、

特にサッカーやバレエなどの競技者で三角骨がある中でスポーツを頑張っていて

来院されることが多い傾向にあります。

 

・つま先立ちの姿勢

 

・つま先を伸ばす

 

このような姿勢をとった際に足首の後方に強い痛みを感じます。

三角骨とは、足の関節を構成する距骨言われる骨の後ろにある過剰な骨です。

両足では無く片足に見られることが多い過剰な骨です。

本来ないはずの骨が過剰にある状態の事を言います。

(過剰骨) 多くの場合片足だけに見られます。

検査は 接骨院では 足関節底屈テストなど 病院では 足首を強制的に伸ばして痛みや可動域を、

レントゲンなどで三角骨があるかどうかや足関節の後方の骨の状態を確認により診断されます。

年齢を考慮して治療は基本的に保存的療法を選択します。

 

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
☎ 025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
\当院は、ネット予約が可能です/
日中、なかなかお電話でのご相談が難しい方は、是非ご活用下さい。
スタッフ一同、お待ちしております(^^)
↓↓↓ネット予約↓↓↓
https://reserve.ekiten.jp/shop_6037328/t_form/?rsv=1
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
【 中之口いのまた接骨院ホームページへ 】https://inomata-jiko.com/


新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
【 口コミサイト エキテンへ 】http://www.ekiten.jp/shop_6037328/

【twitter】
https://twitter.com/nakanokuchiinrb

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

2021.07.17 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

皆さんこんにちは 柔道整復師の飯田です!

 

梅雨も明けて気温の高い日が続いていますので、水分をしっかりとって熱中症には十分注意しましょう!

 

今回紹介するのは【疲労骨折】です。

 

疲労骨折は一回の外力で発生する通常の骨折とは異なり、同じ部位に一回では骨折を起こさない程度の小さな外力が繰り返し加わることによって骨に少しずつ負荷がかかり、骨にひびが入っていく骨折です。

金属疲労に似ていて、同じ動作の繰り返しによる筋肉の反復作用やジャンプなどによって生じる地面からの衝撃によって少しずつ骨膜反応が起こり、骨折が認められるようになります。

 

特に疲労骨折が発生しやすいのは下腿の骨である脛骨と腓骨、足の甲の骨の中足骨、胸郭を構成する肋骨などがあります。

 

原因の多くはスポーツで、短期的な集中トレーニングや練習環境の変化による練習量の増加によって発生します。

 

ほかにも筋力不足、技術不足、柔軟性不足、合わないシューズ、アンバランスな筋力、不適切な練習環境などの原因も考えられます。

また、競技によって疲労骨折が発生しやすい部位が異なります。これは競技によって特定の運動を多く行う傾向があるためだと考えられています。

 

・脛骨→マラソン、陸上、バスケットボール、バレーボール

・中足骨→陸上、バスケットボール、バレーボール、剣道

・肋骨→野球、ゴルフ

・有鈎骨→野球、ゴルフ、テニス

 

ここからは疲労骨折の中でも特に発生頻度の高い脛骨と中足骨を詳しく紹介していきます。

 

 

【脛骨の疲労骨折】

 

脛骨は下腿(膝から下の足)のある骨で、靭帯で二番目に長い骨です。

脛骨の疲労骨折は痛みの生じる部位によっていくつかのタイプに分類されます。

 

・疾走型疲労骨折(上)

脛骨の上3分の1に疼痛が発生します。 走る動作を多く行うスポーツ(マラソン、陸上)の競技者に多く発生します。

比較的治りやすく、しっかりと患部の安静を保っていれば2~3か月でスポーツ復帰できるといわれています。

 

・跳躍型疲労骨折

脛骨の中3分の1に疼痛が発生します。

バスケットボールやバレーボールなどジャンプを多く行うスポーツの競技者に好発します。

難治性で回復まで6ヶ月以上要するとこがある。

また、6ヶ月で必ず治る訳ではなく手術の適応になることがあります。

 

・後内側型疲労骨折(疾走型疲労骨折の下)

脛骨の下3分の1後内側に疼痛が発生します。

脛骨の疲労骨折で最も発生頻度が高く、様々なスポーツの競技者に好発します。

予後は基本的に良好で、2~3ヶ月の安静でスポーツ復帰できます。

 

 

脛骨の疲労骨折は安静にしていることで回復していきます。 また、筋肉の柔軟性を獲得するためにしっかりとストレッチを行うことが大切です。

特に大腿前面の筋肉(大腿四頭筋)、大腿後面の筋肉(ハムストリングス)、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋ヒラメ筋、腓骨筋、後脛骨筋)をしっかりのストレッチしましょう。

 

 

【中足骨の疲労骨折】

中足骨の疲労骨折はランニングやジャンプなどの繰り返しにより、足のアーチに自身の体重が繰り返しかかり発生します。

特に多いのは第3指(中指)の中足骨で、次いで第2指(人差し指)に多く発生します。

また、第5指(小指)の疲労骨折はジョーンズ骨折(下駄骨折)と呼ばれます。

ランニングや跳躍動作の多いスポーツ(サッカー、バスケットボール、バレーボール、マラソン、野球、剣道など)の競技者に発生しやすく、骨の成長期で運動の頻度の高い10歳代に多く発生します。

 

また、第2指の疲労骨折はポワントポジションを繰り返すバレエダンサーに多く発生します。

第5指のジョーンズ(下駄骨折)はサッカーやフットサルの競技者に多く発生します。

 

一般的に2ヶ月程度の運動の中止で、治ると言われていますが第5指(小指)のジョーンズ骨折(下駄骨折)は、難治性で治りが遅くギプスなどでの固定が推奨されます。

 

 

疲労骨折の回復には基本的に負傷部位に負担をかけないとこが大切です!

 

痛みや違和感を感じたら早めに医療機関を受診しましょう!

 

また、中之口いのまた接骨院では骨折を通常より4割ほど早く治す効果がある超音波骨折治療法(LIPUS)を取り扱っております! ご興味のある方はお気軽にご相談ください!

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

【種子骨障害】

2021.07.15 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!

柔道整復師の笠原です!

 

まだジメジメする感じは残っていますが、例年よりも早く梅雨明けしみたいですね!

 

 

そしてオリンピックまであと数日です!!!

無観客が決まったスポーツも多いようですね。

なのでTVで観戦しようと思っています!

 

みなさんはどの競技が楽しみでしょうか?

私はスケートボードの平野歩夢選手が楽しみです^^

スケートボード、スノーボードの二刀流!

そしてカッコいい!

早く見たいです!応援しましょう^^

 

 

それでは今日の疾患についてのお話です!

今日ご紹介するのは【種子骨障害(しゅしこつしょうがい)】です!

 

聞き慣れない疾患だと思います。

 

まず種子骨とはなにかお話しします。

種子骨は、筋肉や腱のなかに形成された骨になります。

多くの場合は骨のゆがみに応じて形成されます。

 

 

役割としては腱や靭帯が走行を変える時に滑車のような役割をしてくれます。

それによって脱臼を防いだり、摩擦を減らす、力を伝えやすくするなどの効果があります!

今回お話しするのは足の親指付け根にの種子骨です。

 

 

次に種子骨障害についてお話しします。

まずは症状です。

歩く、走る、踏み込むの動作をすると、

足の母指球部(右の図の×のところ)に痛みが出ます。

 

 

また、症状が進行すると足をついただけでも痛みが出ます。

種子骨にはいくつか種類がありますが、その中でも分裂種子骨は先天性のものが多いです。

分裂=痛み ではありません。

 

他にも骨折や疲労骨折などもありますが鑑別は困難です。

 

陸上やバスケの走るスポーツや剣道など踏み込みの多いスポーツをすると 、

負担が繰り返しかかり発症します。

 

年齢は小学生〜中学生に多いです。 

 

原因として、強い外力や繰り返しのストレスがかかり発生します。

・運動量が多い

・外反母趾

・甲高の足  

このような人はなりやすいです。

 

母趾の種子骨は足底筋という足の裏の方にある筋肉の中にあるため、

ランニングや蹴りの動作で足底筋が緊張して引っ張られる力が加わります。

この牽引力で種子骨に炎症が起こるとされています。

 

種子骨障害の判断する基準は、

・母趾の付け根に腫れや痛みがある

・付け根の関節を足底(足の裏)側に押すと痛む

・反らすと母趾付け根に痛みが強くなる

*場合によって、病院にてレントゲンを撮ってもらうことがあります。

 

当院では、痛みがどこに出るのか、どの動作で痛みが出るか検査をし、

患者様一人一人に合った方法で施術をさせていただきます!

もし、このお話を聞いて種子骨障害かも!?と思った方は一度受診をお勧めします。

 

 

それでは今日はこの辺で^_^

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

【足関節捻挫】【RICE処置】

2021.07.01 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!

柔道整復師の笠原です。

 

 

ついに!

7月ですね^^

もっともっと暑くなりそうな予感です、、、

マスクをつける2年目の夏。

こまめに水分補給をして熱中症には気をつけましょう!

 

 

今日は【足関節捻挫】と【RICE処置】についてお話しします!

 

 

まずは【足関節捻挫】についてお話しします。

捻挫と聞くと足首をイメージする方がほとんどだと思います。

なかには自分も捻挫をしたことがあるという人も多いはずです!

捻挫はいろいろな関節で発症することがありますが、

今日は発生頻度も認知度も高い足首の捻挫についてお話しします!

 

 

まず、捻挫とは、、

捻挫は文字通り関節が捻り(ひねり)挫く(くじく)ことをいいます。

 

骨と骨をつなぐ、関節周囲の靭帯や関節包が損傷した状態です。

これは、関節が正常な可動域を超えることで発生します。

足関節の捻挫では、足首を内側に捻って生じることが多いです。

その結果、外側の靭帯が耐えきれずに損傷してしまいます。

 

外側の靭帯にはいくつかありますが、

前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)が 最も損傷されやすい靭帯です。

外側のくるぶしの少し前、少し下にあります。

主な症状は、

・痛み

・腫れ

・内出血   になります。

 

また症状の強さでも3つに分けることができます。

・I度 痛み・腫れも軽く、靭帯が一時的に伸びている状態

・Ⅱ度 靭帯の一部が切れている状態

・Ⅲ度 靭帯が完全に切れていて、関節が不安定な状態

 

 

原因としては、

関節に非常に強い外力が加わり、正常な可動域を超えることで起こります。

スポーツ時や日常生活時などさまざまな場面で数多くみられます。

 

 

当院ではまず、受傷時の状態を詳しく聞かせていただきます。

どの方向に捻ったか、どう着いたかはとても重要です。

また、圧痛部位を確認したり、徒手検査で足首にストレスを加え、関節の緩みを見たりします。

 

 

捻挫治療は、

当院独自の手技とLIPUS(ライプス)を使うことで治癒を促進し、早期回復を目指します。

 

 

ここからは【RICE処置】についてお話しします。

捻挫をしてしまい、すぐに病院には行けない時、

自分や周りにいる方に応急処置をしてもらいましょう。

 

すぐにRICE処置を行うことで早期回復につながります。

 

RICEはそれぞれ4つの処置の頭文字をとったものになります。

・R (rest) 安静→運動は中止し、患部は動かさないようにしましょう。

・I (icing) 冷却→患部を冷やします。

          血管が収縮するため、腫れや内出血を抑えます。

          冷やしすぎには気をつけましょう。

・C (compression) 圧迫→患部にテープなどを巻き圧迫し、

              腫れや内出血を抑えます。

              圧迫をしすぎると神経を圧迫するので気をつけましょう。

・E (elevation) 挙上→患部を心臓よりも上にあげましょう。

            心臓に血液が戻るため腫れを防げます。

 ⚠︎応急処置になります。処置後はすぐに医療機関を受診しましょう。

 

 

もしも捻挫をしてしまった時や家族や友達が捻挫をしてしまった時は、

今日のお話しを思い出してみてください!

 

 

ですが1番は怪我をしないことです!

ウォーミングアップ、クールダウンを忘れずにして怪我を予防しましょう!

 

それでは今日はこの辺で^^

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

足底腱膜炎/足底筋膜炎

2021.07.12 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

こんばんは!

柔道整復師の浅井です。

 

昨日、今日と凄い⚡️カミナリ⚡️ですね💦

昨日は高校野球の応援へ行こうと思っていたのですが、あいにくの雨で中止☔️

浅井家の愛犬の福ちゃんはカミナリの音で怯えて震えていました😅

大雨警報も出ている地域がありますので油断せず情報を確認しながら気をつけ過ごしましょう!!!

 

 

 

 

 

さて、本日は足底筋膜炎、足底腱膜炎についてお話ししていきます❗️❗️❗️

 

 

 

 

かかとの骨の内側底面にくっついている足底腱膜に繰り返し引っ張る力が加わりその付着部に腱膜炎や骨膜炎が生じてしまい痛みが出る疾患です。

また、腱の摩擦を軽減する作用のある滑液包と呼ばれる組織の炎症の場合もあります。

 

ではどんな動作で痛みがでるのか?

 

それは画像の赤い部分が

・立っている時に足裏の痛む

・歩いている時に足裏の痛む

 

特に中年の女性に発生する事が多いと言われていますがそれ以外の方にも発症します。

 

・原因は使いすぎや運動不足による柔軟性の低下

 

・足に合わない靴による柔軟性の低下

 

・骨格の歪み

 

・加齢による腱の変性

 

など様々な疾患などによる身体の組織の脆弱化も要因の一つとしてあります。

 

また、

この疾患はx線などでかかとの骨の底面に骨棘(一部の骨が棘状に変形したもの)を見る事が出来きるので症状に心当たりのある方は一度当院、もしくは他の医療機関を受診されることをお勧めします。

 

当院はこの様な症状に対して特別治療を行なっております✨✨

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
☎ 025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
\当院は、ネット予約が可能です/
日中、なかなかお電話でのご相談が難しい方は、是非ご活用下さい。
スタッフ一同、お待ちしております(^^)
↓↓↓ネット予約↓↓↓
https://reserve.ekiten.jp/shop_6037328/t_form/?rsv=1
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
【 中之口いのまた接骨院ホームページへ 】https://inomata-jiko.com/


新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
【 口コミサイト エキテンへ 】http://www.ekiten.jp/shop_6037328/

【twitter】
https://twitter.com/nakanokuchiinrb

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

 
 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

【シンスプリント】

2021.07.08 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!

柔道整復師の笠原です!

 

 

静岡の熱海では土砂崩れが起きて、

たくさんの方が被害に遭われ

改めて災害は怖いものだとおもいました。

 

すぐ避難できるように日頃から防災グッズを用意したり、

避難場所を確認しておくと、いざと言う時に役に立つので

一度考えてみるのも良いいのではないでしょうか!

 

 

 

本日は【シンスプリント】についてお話しします!

シンスプリントはスポーツをしてる方でなったことがあると言う人もいるとおもいます。

 

ちなみに私は中学生、高校生と長い間悩まされました、、、

シンスプリントは別名【脛骨過労性骨膜炎】(けいこつかろうせいこつまくえん)といいます。

 

シンスプリントとは 使いすぎ症候群(オーバーユース)のひとつで

脛骨(すねの内側の骨)の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害になります

 

運動の最中や、運動後にすねの内側の下3分の1くらいがズキズキ痛むのが特徴です。

 

原因は、ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋の足の筋肉は

足を底屈する筋や筋膜が繰り返し引っ張られることで、

骨表面の膜(骨膜)にストレスがかかり、炎症を引き起こします。

それが痛みとなり現れます。

 

走る・飛ぶなど激しい運動を繰り返し行うことで発症しやすいです。

中・長距離ランナーやサッカー、バスケ、バレーの選手に多く見られます。

 

特にシーズンの初めや急なハードトレーニング、

練習量の増加した時になりやすいと言われています。

 

その他、

・足の形が扁平足や回内足であるためすねが衝撃を受けやすい

・足の筋力不足、筋肉の柔軟性低下

・硬いグラウンドや路面でのトレーニング

・クッション性の低い靴

・かかとの内側がすり減った靴を履いている などさまざまです。

 

 

 

症状は、❌のところが

・すねの内側下3分の1くらいのところに痛みや腫れがある

・押すと痛い

・運動時や運動後に痛みがある 悪化してしまうと、安静にしていても痛むことがあります。

 

また、すねは疲労骨折を起こしやすい場所でもあります。

シンスプリントと疲労骨折の違いについて説明します。

シンスプリント ・痛いところが10センチ程度と長い

                                  ・40%は両足に症状がでる

疲労骨折    ・痛いところは5センチ程度と限られる        

        ・片足のみの発症がほとんど

このような違いがあります。

 

そして当院では、 どの動きで痛いのかや、原因を検査を行いしっかりと見つけていきます。

そこから、患部の治療はもちろん、周りの筋肉や筋膜などにもアプローチをしていきます。

 また、お家で出来るセルフケアやストレッチをお伝えし、早期改善を目指します!

 

シンスプリントを放っておくと、、、

発症の初期のものは改善が早いですが、

無理して運動を続けたりすると、慢性化し、

治りづらく長い時間症状に苦しむことになってしまいます。

この話を聞いて『シンスプリントかもしれない』と思った方は、

一度早めの受診をお勧めします。 お気軽ご相談ください!

 

 それでは本日はこの辺で^^

 

Instagram    https://www.instagram.com/nakanokuchiinmata/ 

Facebook      https://www.facebook.com/inosekkotu/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

膝の圧痛部位まとめ

2021.06.28 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

こんばんは!

柔道整復師の浅井です。

最近はキス釣りにハマっています🐟

キスは刺身も天ぷらも骨煎餅にしても美味しくいただけます!

砂浜や堤防から簡単に釣れるので初心者の方にもオススメです🤤

さて!

今月は膝周りの疾患の紹介が多くありました!

今日は、そのまとめのお話です!

まだ、聞いた事がない疾患名が出てくるかもしれませんがそれは当院系列店の方が出してくれるはずです…💦💦💦

期待してお待ちください!!!

膝は痛みが出る場所(圧痛部位)によって検査、鑑別をして沢山ある膝の疾患の中でどの様な疾患なのかある程度絞り込む事が出来ます。

こちらが疾患別に分けたものです。

 

①圧痛部位      

膝蓋骨、膝蓋大腿関節

・疾患

有痛性分裂膝蓋骨、膝蓋大腿関節の軟骨損傷、滑膜ひだ障害、膝蓋大腿関節症、前膝蓋骨滑液包炎

 

②圧痛部位 膝蓋骨内縁

・疾患

滑膜ひだ障害、反復性膝蓋骨脱臼、膝蓋骨亜脱臼

 

③圧痛部位

膝蓋臆近位部周辺、大腿骨脛骨顆間隆窩

・疾患

Sinding Larsen-Johansson病、ジャンパー膝、滑膜ひだ障害、離断性骨軟骨炎、膝前部痛

 

④圧痛部位 歴骨粗面

・疾患 Osgood-Schlatter病

 

⑤圧痛部位 内側関節裂隙

・疾患 内側半月板損傷、変形性膝関節症(内側型)、特発性骨壊死 ⑥外側関節裂隙 外側半月板損傷、変形性膝関節症(外側型)

 

⑦圧痛部位 大腿骨内側顆

・疾患 変形性膝関節症(内側型)、内側側副靭帯損傷、特発性骨壊死、離断性骨軟骨炎

 

⑧圧痛部位 大腿骨外側顆

・疾患 変形性膝関節症(外側型)、外側側副靱帯損傷、腸脛靭帯炎

 

⑨圧痛部位 鷲足部、脛骨内側顆

・疾患 鷲足滑液包炎、内側側副靭帯損傷、特発性骨壊死

この他にもまだ疾患はありますが今回はこの疾患のみ記載しておきます❗️

当院ではこの様な疾患やその他様々な症例、包帯固定など日々勉強しておりますので怪我をされた方、他の医療機関へ受診しているが中々治らないなどお悩みの方もお気軽にご相談下さい。💪💪💪

早期から適切な処置、リハビリを行う事でより早期に競技復帰を目指す事も可能です‼️

当院では、

いのラボ(スポーツジム)と連携しリハビリ面、けが予防面でのエクササイズ〜競技別トレーニングまでのサポートが出来るので怪我の回復後の筋力、バランス感覚等を鍛えてスポーツ競技、日常生活への早期復帰を目指しやすい環境がございます✨💪

また、手術が必要な程に重症な場合には専門医のご紹介も可能ですのでお気軽にお問い合わせください‼️

 

中之口いのまた接骨院

950-1341

新潟市西蒲区道上4702

025-375-2231

診療日

月曜~土曜

土曜日も1日診療しています。

午前 8301200

午後 300700

休診日 日曜祝日

交通事故、むちうち、腰痛、肩痛、膝痛、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!

口コミサイト エキテンへ

http://www.ekiten.jp/shop_6037328/

instagram

#nakanokuchiinmata で検索♪

Line

「中之口いのまた接骨院」で検索♪

Mail

nishentihaomama@gmail.com

【ジュニアアスリートプログラム特設サイト】

https://peraichi.com/landing_pages/view/24sr5

競技力アップ、ケガ予防を目的としたジュニアアスリートプログラムを始めました😊‼️

スポーツをしている小学生〜高校生の方対象で実施していきます!!

特設サイトが出来ましたので、ぜひご覧ください☺️

新企画【ジュニアアスリートプログラム】開始‼️

皆さん、こんにちは!‼️

いのラボでは、スポーツをしている小学生〜高校生を対象に、競技力アップのための限定のプランを始めました😊‼️‼️

・筋トレや補強トレをしていても、なかなか上手くならない

・今年こそケガをしたくない!

・身体のコンディションを維持するために出来ることはないだろうか?

・進学してもすぐ動けるように、動ける体を作っておきたい!

などのお悩みありませんか??

そんな方にピッタリのプランとなっています💪‼️

このような悩みをお持ちのジュニアアスリート対象のプログラムです。

〈内容〉

1『Movement

動きやすく、ケガを防止するための安定性・可動性を身につける

2『Performance

1で身につけたものを活かすパワー・瞬発力をつける

3『Skill

1・2活かし各競技のスキルにつなげる

このように1~3の流れでトレーニングを進めます!

〈料金〉〈まずは初回体験!〉

301500円の初回体験プランご用意しています!

ぜひ一度ご予約ください!!

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

変形性膝関節症

2021.06.26 | Category: 未分類,院長、スタッフの日記

 

皆さんこんにちは! 柔道整復師の飯田です!

 

新潟県もついに梅雨入りしましたが、天気のいい日が続いていますね。

屋外での作業はもちろん屋内での作業でも油断せず、こまめな水分補給を心がけてください!

 

今回紹介するのは成人の膝関節の代表疾患ともいえる「変形性膝関節症」です。

 

変液性膝関節症は関節のクッションの役割をする軟骨がすり減ることで、膝関節の骨と骨の間(関節裂隙)が狭くなって、骨と骨が直接ぶつかり合うことで骨が変形したり骨棘ができたりすることで痛みが発生します。

また、関節を包む関節包に炎症が発生することで、薄黄色い粘性のある液体が分泌されて、「水が溜まった」状態になってしまいます。

 

変形性膝関節症は加齢による軟骨の変性、膝関節周辺の筋力の低下、肥満、遺伝的要因、O脚などのアライメント不良、閉経後のホルモンバランスの乱れ、膝関節周囲の外傷(骨折、靭帯損傷、半月板損傷、化膿性関節炎)の後遺症など、様々な原因で発生します。

 

膝関節周囲の筋力の低下は50歳から加齢に伴って進行し、60歳のことろには20代の時の0~30%低下していまいます。

これにより膝関節への衝撃が緩和出来なくなり、軟骨が削れやすくなってしまいます。

 

症状は膝の変形の進行に伴って悪化していきます。

 

【初期】

・膝関節の痛み(特に動作開始時の痛み)

・膝関節の曲げ伸ばし(屈伸)の制限

・膝関節の重さ、だるさ

※ただし、初期の症状は休息すると緩和する。

※レントゲン撮影で膝関節の骨の変形を認めないことがある

 

【中期】

・正座、階段の昇降、しゃがみなど膝関節を深く曲げる動作が困難になる。

・膝関節部の炎症 →炎症によって関節液が過剰に分泌されて水が溜まる。

・膝関節が変形する

・運動時に骨と骨がぶつかる音がする(ギシギシ、ギリギリなど)

 

【末期】

・初期、中期に見られていた症状がより悪化する

・日常生活動作(ADL)が困難になる ・歩行だけで痛みを伴うので、行動範囲が縮小する

 

加齢とともに発生する確率が上がる変形性膝関節症ですが、40歳頃から特に増加傾向にあります。

そして男女比では1:4(男性:女性)で女性に多いです。

60歳以上女性の約40% 70歳以上女性の約70% 多くの人が変形性膝関節症によって膝の痛みで悩んでいます。

 

また、変形性膝関節症の症状の進行は非常に緩やかで、何年にもわたり少しずつ進行します。

 

このため、医療機関への受診が遅れて症状が悪化し、日常生活への影響が大きくなってしまうことがあります。 変形性膝関節症が悪化すると膝の痛みだけでなく、転倒する危険性が増してしまい、二次的な障害を起こしてしまうことがあります。

 

一日でも長く健康に過ごすために、膝関節を健康に保つのはとても重要なことです。

一度すり減ってしまった軟骨は二度と元には戻りません!

 

【新潟市西蒲区】中之口いのまた接骨院では、変形性膝関節症に対して痛みの原因になっている筋肉や骨格の歪みを元には戻す根本治療を行っています。

 

膝に痛みや違和感を感じたらお早めにご相談ください。

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

半月板損傷

2021.06.24 | Category: 未分類

みなさんこんにちは^_^

柔道整復師の笠原です!

 

 

最近新潟県の新型コロナウイルスの感染者数が少なくなってきているようですね!

夏のマスクはとても苦しいので1日でも早くコロナウイルスが無くなって欲しいです。

感染者数が減ってきているからといって油断はしないように気をつけましょう!

 

 

さて、今日は「半月板損傷(はんげつばんそんしょう)」についてお話ししていきます。

半月板という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。

 

ではまず、半月板についてお話しします。

半月板とはヒザの関節の中にある三日月型をした軟骨組織になります。

これは膝の内側と外側の2つに分かれています。

 

 

半月板の役割は、

ヒザの関節を安定させたり、

歩く・走る、ジャンプなどの動作時にクッションのような役割を果たします。

 

また、半月板は歳を取るにつれて変形し、加齢によって水分量が減ることが原因です。

40歳以上でかなりの水分量が失われると言われています。

 

これにより、クッション機能が低下して、

少しの衝撃でも損傷してしまうようになります。

 

 

そんな半月板を損傷してしまうとどのような症状が出るのでしょうか。

・膝が腫れる

・痛みがある

・ヒザを伸ばせない

・引っかかるような感じがする            このような症状があります。

 

そして、半月板損傷特有のロッキング現象が見られることがあります。

これは、強い衝撃などで半月板が膝関節の間に挟まれた状態で、

痛みとともに膝がロックされたように動かなくなります。

これらが主な半月板損傷の症状になります。

 

半月板損傷の原因としては、スポーツや加齢があります。

スポーツ時の損傷は膝の靭帯と一緒に損傷することが多いです。

運動中にヒザを捻るなどしたときに大きな力が加わったり、

膝の曲げ伸ばしの際に骨と骨の間に挟まって損傷します。

 

加齢による損傷は、

繰り返しの小さな衝撃によってストレスがかかりすぎる場合や、

水分量が少なくなり、つまづいたなどの少しの衝撃でも損傷の原因になります。

 

当院では、半月板損傷が疑われる場合、徒手的にストレスをかけて検査をし、痛みが出るのかを見ます。また、より詳しく検査するために病院にてMRIやレントゲンを撮ってもらうこともあります。

 

施術内容は患者さまそれぞれにあった治療を考えて行っていきます!

 

では最後に半月板損傷の予防方法をお伝えします。

予防するためには、

ハムストリング(もも裏の筋肉)と大腿四頭筋(もも前の筋肉)をバランスよく鍛えることや、

ヒザ周りの筋肉のストレッチが大事になります。

 

ヒザ周りのストレッチをいくつかご紹介します。

まず初めにハムストリングのストレッチです。

写真のように片方の膝は曲げて伸ばしている方のつま先を掴むようにします。

もも裏が伸びた状態を20秒キープします。

次に大腿四頭筋のストレッチは片足は正座、もう片足は伸ばします。

写真のようにそのまま後ろに手をつき、後ろに体重をかけます。

ももの前の方が伸びた状態を20秒キープします。

これが少しキツい方は横向きに寝た状態で片足を伸ばし、片足を曲げて後ろでつま先を掴むようにしましょう!

 

梅雨が明けたら外で運動する方も、増えると思います。

怪我をしないように充分なストレッチやウォーミングアップを忘れずにしましょう!

それでは今日はこの辺で^^

 

Instagram   https://www.instagram.com/nakanokuchiinmata/

Facebook      https://www.facebook.com/inosekkotu/

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで

電話番号