ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

歩くと腰が痛い!けど休むと治る・・・これは何??| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.12.26 | Category: 腰痛,院長、スタッフの日記

こんにちは!

柔道整復師の神林です

 

もういくつ寝るとお正月~♪

もう1週間もなくお正月が来てしまいますね

 

1年があっという間でしたね

思い残すことはありませんか?

大掃除はしましたか?

私はまだ大掃除が残っています・・・

良い年を迎えられるようにしましょう!

 

 話は変わって今回は

腰痛でも特異的腰痛(痛みの原因がある腰痛)の

「腰部脊柱管狭窄症」についてお話していきます

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症は、

退行性変化(加齢)による

骨性狭窄症(腰椎すべり症・脊柱側弯症)

椎間板の変性、椎間関節の骨性肥厚、

黄色靱帯の肥厚など

色々な原因により

脊柱管の狭窄をきたした状態をいいます

 

脊柱管内を通る神経や血管が

圧迫されることにより

腰痛や下肢痛、痺れ感や脱力感など

様々な症状がでてきます

 

症状の現れ方としては

まず特徴的なのは

「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」です

これは、しばらく歩くと足に痛みや痺れが出てきてしまうが

少し休むとまた元通りに歩けるようになるのが特徴です

 

これは立つことで

構造上脊柱管がいっそう狭くなり

神経を圧迫するためです

身体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり

神経圧迫は解除され症状が無くなります

 

進行するにしたがって

連続して歩ける距離や時間が短くなっていきます

 

重症な場合は50mも歩かないうちに

症状が強くなって歩けなくなったり

5分ほど立っただけでも

症状が出てきてしまいます

 

さらに、徐々に足の筋肉が萎縮し

弱くなることによって

永続的な歩行障害が起きることもあるので

注意が必要です

 

 

また、馬尾(ばび)神経の症状として

会陰部の痺れ感や灼熱感が出てきたりします

 

 

 

間欠性跛行は

「閉塞性動脈硬化症」でも見られるので鑑別が必要です

 

 

 

発生頻度は

50歳以上で約13%といわれています

椎間板ヘルニアに比べて

中高年に発症することが

多いのが特徴でもあります

 

この腰部脊柱管狭窄症は

腰椎前湾(反り腰のような状態)であるので

それにより

1、 お腹の前側の筋力低下

2、 背中や腰の筋肉が短縮

3、 骨盤前傾によりお尻の筋肉が伸ばされ筋力低下

4、 骨盤前傾によりもも前の筋肉が短縮

 

などがみられます

 

そのため対処法としては

1、 お腹の筋力強化

2、 背中や腰の筋肉の短縮を取る

3、 お尻の筋力強化

4、 もも前の筋肉の短縮を取る

 

事が挙げられます

 

それを行うことによって

腰椎の前湾も改善され

症状も次第に緩和してきます

 

自分では筋力をつけるために

トレーニングはなかなかできないですよね・・・

 

当院では

お腹のインナーマッスルを鍛えることのできる

「楽トレ」

という機械があります

 

インナーマッスルは

身体を支えている筋肉でもあるので

鍛えることにより

正しい姿勢もとりやすくなります

 

今まで腰にかかっていた負担も

減ってくるので

慢性的な腰痛がある方にも

オススメです(*^O^*)

 

https://youtu.be/5UF1TcRoQLY

気になる方は

お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

 

それでは今回はこの辺で

 

 

神林

 

 

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
☎ 025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

 

 

 

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

スポーツでの腰痛はもしかして・・・?| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.11.19 | Category: 腰痛,院長、スタッフの日記

 

こんにちは!

柔道整復師の神林です

 

最近は青空も少なくなってきて

気温も下がり

冬に向けての準備も忙しくなってきましたね(>_<)

 

みなさんは

タイヤ交換いつ頃から始めますか?

 

私は今週のお休みを使って

タイヤ交換しようかなと思ってます(^^)/

 

降ってからでは遅いですよ!

早めに行いましょう!(^^)!

 

 

それでは今回は

スポーツをやっている方に起こりやすい

「腰椎分離症・すべり症」

についてお話ししていきますね

 

まずは腰骨に当たる

腰椎についてお話ししていきます

 

腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体

後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれます

 

椎弓との部分で骨の連続性がたたれてしまい

椎体と椎弓が離れてしまった状態を

「腰椎分離症」と呼びます

 

分離症の中で

後方部分の支持性がないため

椎体が前方にずれていくものを

「分離すべり症」と呼びます

 

分離すべり症は

繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を

起こすことが多いです

 

分離症になってしまう原因はご存じですか?

 

まず、先天性のものと後天性のものがあります

先天性のものは生まれつきのもので

分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く

高度なすべり症を生ずることがあります

 

後天性の場合の原因としては

体が柔らかい中学生の頃に、

ジャンプや腰の回旋を行うことで

腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

 

「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、

スポーツの練習などで繰り返し

腰椎を反らしたり回したりすることで起こります

 

 

しかし、スポーツは原因の1つであり

体質的な要素もあります

 

また、

一般の人では5%程度分離症の人がいますが

スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。

 

症状の現れかたで

最も多いのは腰痛です

少年スポーツ活動で腰痛が出現する場合は

分離症を疑ってみることが必要です

 

成人の場合は

同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や

重労働の後に痛みが強くなります

 

また、鋭く鈍い痛みで、

身体を後ろに反らせると痛みが強くなります

 

また、成人では

神経根症状である足の痛みやしびれが

出現してくることもあります

 

予防策としては

まずは腰に無理な負担をかけないようにすることです

 

成長期の子供の場合は、

十分にお腹や背中の筋肉が発達しておらず

腰椎への負担が大きくなってしまいます

なので、身体を支えてくれる

インナーマッスルを鍛えることで

体幹が安定し

腰をサポートしてくれます

 

また、体重が増えると

腰椎にかかる負担が増すので

肥満にならないことも大切です

 

腰椎分離症が自然に治りことはありません

放置すればするほど治療が難しくなり

そのまま放置してしまうと

他の腰痛疾患との合併症を引き起こす可能性があるため

早急に治療することをお勧めします

 

また、

簡単な検査方法もあるのでご紹介しますね

 

1、片足立ちをする

2、腰を反らす

これで腰部に痛みがあれば

腰椎分離症・すべりしょうが疑われます

 

もし、気になるようでしたら

一度行ってみて下さい

 

腰痛と言っても

たくさんの疾患があります

 

そのうち治るだろうとは思わずに

調べることも大切です

 

 

それでは今回はこの辺で…

 

 

次回は何のお話でしょうかね!

お楽しみに

 

 

神林

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
☎ 025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

 

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

腰に負担がかかりやすい人ってどんな人?| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.11.07 | Category: 腰痛,院内情報,院長、スタッフの日記

こんにちは。

 

 

 

柔道整復師の鈴木です。

 

 

 

先週末の2連休は天気に恵まれ、

久々に気温も上がりあたたかい陽気となりましたね。

 

 

 

この時期は昼間との気温差や日によって天気が変わりやすいので、

体調管理には十分にお気を付けてください。

 

 

 

さて、最近の家庭は共働きの家庭も増えていますが、

なんと!人生の3分の1は仕事をしていると言われています。

 

 

 

そんな仕事が腰痛の原因となっている可能性があります。

 

 

 

また仕事別の腰痛有病割合で、清掃業や運送業・介護の仕事で多いことがわかっています。

 

 

 

 

※立っている際に腰にかかる負担を100として

他の動作時にかかる負担を数字で表したものです。

 

 

 

これらの仕事に共通するのは、作業中の中腰姿勢や繰り返し身体を捻る動作、

定期的に姿勢を変えることの出来ない仕事環境であることです。

 

 

 

また、椎間関節という関節への負担、椎間内圧を高める姿勢を

とりやすいという共通点もあります。

 

 

 

椎間板というものは一度は聞いたことがあるかと思います。

椎間板は背骨(椎骨)の間に存在し、椎骨にかかる衝撃を吸収する働きがあります。

 

 

 

その椎間板にかかっている圧を椎間板内圧と言います。

 

 

 

 

 

椎間板内圧の上昇は、結果的に椎間板や椎骨の摩耗を早めることになり、

ヘルニアなどの他の症状を誘発する原因となります。

 

 

 

ここで、腰や椎間板に負担をかけやすい人の特徴をご紹介します。

 

 

① 20代~50代の男性

 

とくに20代~30代は働き盛りで仕事で無理をし、

痛みがあっても仕事が忙しく我慢することが多いです。

 

 

② 仕事中に中腰姿勢、立ちっぱなし・座りっぱなし、重いものを持つことが多い

 

 

こうした姿勢や動作は上記の通り、腰に大きな負担を与えます。

 

 

③ 運動不足、肥満

 

 

筋力低下・柔軟性低下を招きやすく、腰を支えきれなくなってきます。

 

 

④ 高身長で痩せ型

 

 

痩せて筋肉が細い人は腰を支える筋力が少なく、高身長の方は腰を曲げた時に

上半身を支えるために腰に負担はかかります。

 

 

⑤ たばこをよく吸う

 

 

たばこの成分であるニコチンの作用で血流が悪くなり、

椎間板へ栄養が届かず椎間板の老化が進みます。

 

 

みなさん、当てはまるものはありましたか?

 

 

 

いくつも当てはまっている方は特に腰に注意しましょう!

 

 

 

しかし注意とはいえ、予防するのは難しいものです。

 

 

 

中之口いのまた接骨院では腰痛の治療はもちろん、

治ってからも痛みの出にくい身体作りも行っています。

 

 

腰痛で痛みが軽くなるのを諦めかけている方は、

一度、中之口いのまた接骨院に来てみませんか?

 

 

ぜひ、お待ちしております!

 

 

鈴木

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

 

中之口いのまた接骨院

950-1341

新潟市西蒲区道上4702

025-375-2231

 

診療日 月曜~土曜

     ※土曜日も1日診療しています。

 

     午前 8301200

    午後 300700

 

休診日 日曜祝日、木曜午後

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

\当院は、ネット予約が可能です/

日中、なかなかお電話でのご相談が難しい方は、是非ご活用下さい。

スタッフ一同、お待ちしております(^^)

↓↓↓ネット予約↓↓↓

https://reserve.ekiten.jp/shop_6037328/t_form/?rsv=1

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!

【 中之口いのまた接骨院ホームページへ 】https://inomata-jiko.com/

 

 

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!

【 口コミサイト エキテンへ 】http://www.ekiten.jp/shop_6037328/

 

twitter

https://twitter.com/nakanokuchiinrb

 

******************************************************

 

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム

Body make studio いのラボ

 

【ホームページ】はこちらです。

http://ino-labo.net/

 

twitter】はこちらです。

https://twitter.com/inolabo1

 

Facebook】はこちらです。

https://www.facebook.com/inolabo/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

【腰痛】下半身の痛みは坐骨神経痛かも? | 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.10.29 | Category: 腰痛,院長、スタッフの日記

こんにちは!

 

柔道整復師の神林です

 

最近一段と寒くなってきましたね(^_^;)

 そんな毎朝

起きると身体が強ばっていて

腰が痛かったりしませんか?

そのような方に出てしまい易い

症状をお話ししていきますね!

 

みなさん、

「坐骨神経痛」

という言葉を聞いたことはありますか?

 

そもそも坐骨神経というのは

脊髄の髄節から伸びている末梢神経のひとつです。

末梢神経は脊髄と全身の体の筋肉の連絡を受け持ち、

全身の運動を制御しているものです。

 

そのうち腰から骨盤、お尻、太ももの裏を通って

足先にまで伸びているのが

坐骨神経と呼ばれる神経で、

人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。

 

また坐骨神経は皮膚に近い位置を走っているのが特徴です。

皮膚に近いという事は、

圧迫を受けた際の影響が出やすいという意味でもあります。

 

坐骨神経痛とは、「症状」の表現であり、病名ではありません。

 

神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、

お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、

圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。

例えば…

お尻の筋肉で「梨状筋」という筋肉があります

ここで神経が圧迫されていると

「梨状筋症候群」

と呼ばれます

 

 

坐骨神経痛の症状としては

1, 腰の痛み、臀部の痛み

2, 太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ

3, 体を動かすと痛みやしびれが悪化する

4, 痛みのため歩行が困難になる

5, 足に力が入らなくなる

6, 足の筋肉が左右で差が出てくる

などがあります

 

坐骨神経はとても長い神経であるため

広範囲に症状を出す可能性がありとても重要です

この神経が、

どの場所で圧迫などで傷害されるかにより

症状の出る範囲や症状も違います

また、坐骨神経痛が起きている場合は、

腰部や臀部の筋肉に緊張がみられることが多いです

 

 

その緊張を取り除いてあげることで

症状も緩和してきます

 

 

当院では

その原因となっている筋肉を見つけ出し

緊張を取り除いていきます

 

 

このような症状でお困りの方は

ぜひ当院に一度いらしてください!

 

 

今回はこの辺で

 

次回はどんなお話でしょう(*^-^*)

 

 

お楽しみに!

 

 

神林

 

 

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inola

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで

電話番号