Blog記事一覧 > 腰痛,院長、スタッフの日記 > スポーツでの腰痛はもしかして・・・?| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

スポーツでの腰痛はもしかして・・・?| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.11.19 | Category: 腰痛,院長、スタッフの日記

 

こんにちは!

柔道整復師の神林です

 

最近は青空も少なくなってきて

気温も下がり

冬に向けての準備も忙しくなってきましたね(>_<)

 

みなさんは

タイヤ交換いつ頃から始めますか?

 

私は今週のお休みを使って

タイヤ交換しようかなと思ってます(^^)/

 

降ってからでは遅いですよ!

早めに行いましょう!(^^)!

 

 

それでは今回は

スポーツをやっている方に起こりやすい

「腰椎分離症・すべり症」

についてお話ししていきますね

 

まずは腰骨に当たる

腰椎についてお話ししていきます

 

腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体

後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれます

 

椎弓との部分で骨の連続性がたたれてしまい

椎体と椎弓が離れてしまった状態を

「腰椎分離症」と呼びます

 

分離症の中で

後方部分の支持性がないため

椎体が前方にずれていくものを

「分離すべり症」と呼びます

 

分離すべり症は

繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を

起こすことが多いです

 

分離症になってしまう原因はご存じですか?

 

まず、先天性のものと後天性のものがあります

先天性のものは生まれつきのもので

分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く

高度なすべり症を生ずることがあります

 

後天性の場合の原因としては

体が柔らかい中学生の頃に、

ジャンプや腰の回旋を行うことで

腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

 

「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、

スポーツの練習などで繰り返し

腰椎を反らしたり回したりすることで起こります

 

 

しかし、スポーツは原因の1つであり

体質的な要素もあります

 

また、

一般の人では5%程度分離症の人がいますが

スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。

 

症状の現れかたで

最も多いのは腰痛です

少年スポーツ活動で腰痛が出現する場合は

分離症を疑ってみることが必要です

 

成人の場合は

同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や

重労働の後に痛みが強くなります

 

また、鋭く鈍い痛みで、

身体を後ろに反らせると痛みが強くなります

 

また、成人では

神経根症状である足の痛みやしびれが

出現してくることもあります

 

予防策としては

まずは腰に無理な負担をかけないようにすることです

 

成長期の子供の場合は、

十分にお腹や背中の筋肉が発達しておらず

腰椎への負担が大きくなってしまいます

なので、身体を支えてくれる

インナーマッスルを鍛えることで

体幹が安定し

腰をサポートしてくれます

 

また、体重が増えると

腰椎にかかる負担が増すので

肥満にならないことも大切です

 

腰椎分離症が自然に治りことはありません

放置すればするほど治療が難しくなり

そのまま放置してしまうと

他の腰痛疾患との合併症を引き起こす可能性があるため

早急に治療することをお勧めします

 

また、

簡単な検査方法もあるのでご紹介しますね

 

1、片足立ちをする

2、腰を反らす

これで腰部に痛みがあれば

腰椎分離症・すべりしょうが疑われます

 

もし、気になるようでしたら

一度行ってみて下さい

 

腰痛と言っても

たくさんの疾患があります

 

そのうち治るだろうとは思わずに

調べることも大切です

 

 

それでは今回はこの辺で…

 

 

次回は何のお話でしょうかね!

お楽しみに

 

 

神林

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
☎ 025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

 

 

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで