ホーム > Blog記事一覧 > ジャンパー膝の記事一覧

オスグッド・シュラッター病について

2022.07.08 | Category: 院長、スタッフの日記

 

こんにちは、柔道整復師の秋山です!

 

ついに明日、明後日と中之口祭りです! いのまた接骨院、いのラボも明日7/9(土)12:00~16:00にイベント出展いたします!!!

 

もしお時間がありましたらぜひ足を運んでくださいね! 今回はオスグッド・シュラッター病についてです。

 

 

【オスグッド・シュラッター病とは?】

 

主に成長期のお子さんに多いスポーツ障害・成長痛の一種になります。

 

一般的な治療期間は軽い症状であっても約6週間、もし症状が進行していて重度な場合は約13週、4ヶ月以上かかると言われています。

 

好発スポーツは陸上、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどの走ったり、ジャンプをする機会の多いスポーツが当てはまります!

 

 

【症状は?】

 

主な症状としては

 

・膝が走ったり曲げ伸ばしすると痛い

 

・膝の周りが赤くなる ・膝がぽっこり腫れてきた

 

・膝の所が熱く感じる

 

・正座が出来ないなどです

 

 

【原因は?】

 

原因としては腿の前の筋肉(大腿四頭筋)が膝下の骨(脛骨)を強く引っ張ることで成長期のまだ柔らかい骨を剥がしてしまうことが原因とされています。

 

 

【当院での治療法】

 

当院ではオスグッド・シュラッター病に対し県内唯一の治療方法で短期に改善を目指します!!

 

今もこのようなお悩みをお持ちの方

 

・整形外科や整骨院に通院しているが、治らない。

 

・成長痛だから「休みなさい。」と言われた

 

・サポーターなどを使い、痛みを誤魔化している

 

・治ったと思い、運動を再開するとまたすぐに再発してしまう

 

 

最初の【オスグッド・シュラッター病とは?】でも書かせていただきましたが一般的な治療期間は約6~13週程の時間を要します。

 

その間、完全安静、スポーツも禁止と考えると、、、

 

ですが当院では1~2回の治療で劇的に回復させます!

 

もちろんスポーツの練習を休む必要はありません!

 

成長痛だからと諦めないでください!

 

当院では患者さま一人一人にしっかりと問診を行い、患者さまが抱える体の痛み・悩みを細かく把握した上で、的確に施術を行い早期に痛みを取り除くことに努めます。

 

その他、肉離れや捻挫、有痛性外脛骨、セーバー病、ジャンパー膝等のスポーツ障害や姿勢改善、成長痛、産後骨盤矯正など何か少しでも身体に痛みや違和感を感じた時はお気軽に中之口いのまた接骨院にご相談ください!

 

中之口いのまた接骨院 〒 950-1341 新潟市西蒲区道上4702 ☎ 025-375-2231 診療日 月曜~土曜     ※土曜日も1日診療しています。     午前 8:30~12:00     午後 3:00~7:00 休診日 日曜祝日、木曜午後

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

2021.11.08 | Category: 院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!

柔道整復師の笠原です。

 

もう11月ですね。 あっという間に1年が終わりそうです…

 

紅葉も各地で見頃になってきているようで、

紅葉を見てきた患者様も多く 私も行きたいなあと思っています!

おすすめスポットがあったら教えてください(^^)

 

 

お話はこんなところで、 今日は【ジャンパー膝】についてお話します。

 

ジャンパー膝とは、名前の通り、ジャンプや膝に関係するものです。

スポーツや運動など膝を使いすぎることで起こる、慢性的な膝の障害になります。

 

別名、【膝蓋腱炎(しつがいけんえん)】とも言われています。

 

膝蓋腱とは、ももの前の大腿四頭筋が膝のお皿に付着する部分の靭帯で、

膝のお皿(膝蓋骨)を覆うようにして、すねの骨の前面(脛骨粗面)へとつながり、

膝を伸ばすときに働きます。

 

 

なりやすい人の特徴として、

・ジャンプや着地の動作を繰り返し行う人

・バレーやバスケットボールなどのスポーツ選手

・12~20歳

・男性

このような人がなりやすいと言われています。

 

 

原因としては、 ジャンプや着地を繰り返すうちに膝蓋腱に負荷がかかることです。

膝が伸びる仕組みは、 大腿四頭筋が引っ張られることで、膝蓋骨、膝蓋腱、

すねの骨(脛骨粗面) にまで牽引力が加わり膝が伸びます。

 

これに過度な牽引力が繰り返し加わることで

膝蓋骨周囲に微細損傷が起き、 炎症となり痛みが出ます。

 

 

症状は、膝の痛みになります。

特に膝蓋骨(膝の皿の骨)のすぐ下側のあたりに圧痛を認めます。

痛みは、

・スポーツでジャンプを行うとき

・階段をのぼるとき

・深くしゃがみこんだとき

・走るとき    など このようなときに痛みが出ます。

 

 

ジャンパー膝の検査は、 まずジャンプや階段の上り下りで痛みが出るか症状について問診します。

そして痛みの出る動作の確認、圧痛部位が膝のお皿のすぐ下にあるかを調べます。

特に膝を伸ばした状態でも曲げた状態でも膝のお皿の下に圧痛がある場合は

ジャンパー膝を強く疑います。

 

さらに画像検査として当院ではエコー検査を用いることがあります。

 

当院では、 しっかりと検査をした後、患者様一人ひとりにあった施術と、

おうちでもできるセルフケアをお伝えし、早期改善を目指します。

 

膝周りはたくさんの靭帯や筋肉があることや、日常生活でも欠かせない部位になります。

 

小さいお子様から高齢者の方まで膝で困っている方は多いと思います。

 

少し痛い部位がズレただけでも、違う疾患になってくるので、

何かお困りごとがあればお気軽にご相談ください。

 

それでは今日はこの辺で(^^)/

 

Instagram      https://www.instagram.com/nakanokuchiinmata/

Facebook        https://www.facebook.com/inosekkotu/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

膝が痛い・・・ジャンプ競技の方は気をつけて!| 新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2018.12.10 | Category: スポーツ けが,院長、スタッフの日記

こんにちは!

柔道整復師の神林です

 

 

ついに雪も降ってしまいましたね((+_+))

土曜日の朝は

少し道路に雪が積もっていて

とてもびっくりしました!

 

車の運転気をつけないとですね(*_*)

 

 

 

 

話は変わりますが、

今回は

「ジャンパー膝」

についてお話しますね

 

https://youtu.be/Wnp7SYrcjWE

 

 

 

まずはどんな疾患なのかからお話しします

 

ジャンプ動作が多いスポーツ

バスケットバールやバレーボール、

ハンドボールや陸上競技のジャンプ種目などで

 

太ももの前側に付いている筋肉

「大腿四頭筋」が収縮し

 

膝にあるお皿(膝蓋骨)と膝蓋靱帯の

接する部分に負担が繰り返しかかる事によって

靱帯の微少断裂や変性が

起こってしまう疾患です

 

この疾患は

膝のお皿のすぐ下に痛みを訴えます

なので、

別名「膝蓋靱帯炎」といいます

 

多くは骨端線の閉じる

15歳以降に発症しやすいです

 

 

症状の現れ方としては

まず、初期には

スポーツ開始直後に膝蓋骨の

真下か真上に痛みが出てきますが

スポーツを行う事には支障のない事が多く

スポーツを続けてしまいます

 

それにより症状も進行してしまいます

運動開始の時と運動の終了時には

痛みが出てきますが

運動している最中には

一時的に疼痛は軽減もしくは消失しています

 

なので、スポーツを続けてしまいます

それにより症状はどんどん進行し、悪化してしまいます

 

進行した結果

痛みが強くなりスポーツを続けることが

困難になります

 

痛みは特に

ジャンプやダッシュの動作で強くなり

ジャンプでは着地時に痛みが強くなる傾向があります

 

そもそも

このような症状が出てしまう原因としては

・使いすぎ(オーバーユース)

ジャンプやダッシュなどで

過度に負担がかかってしまうことにより

大腿四頭筋が繰り返し引っ張られ

この疾患が発症しやすくなります

また、使いすぎが一番の大きな原因でもあります

 

・大腿四頭筋の柔軟性の低下

膝蓋靱帯と大腿四頭筋は繋がっていて

その大腿四頭筋の柔軟性が低下し

硬くなってしまうと

膝蓋靱帯も引っ張られ

この疾患を引き起こしてしまいます

 

また、このような方は注意して下さい!!!

・足首が硬い

・ハムストリングス(もも裏の筋肉)が硬い

・お尻の筋肉が硬い

・骨盤が後傾している

・猫背姿勢

 

 

などこのような方も

大腿四頭筋が硬くなってしまう

原因に繋がってしまいます

 

 

では、ここでストレッチを紹介しますね

 

★大腿四頭筋のストレッチ

壁に手をつきながら伸ばしたい方の足を持ち

ももの前側を伸ばします

10秒×3セットを両足行いましょう

★ハムのストレッチ

イスなど高さがある物に足を上げ

身体を前に倒しももの裏を伸ばします

10秒×3セットを両足行いましょう

★臀部のストレッチ

イスに座り片方の足をもう片方の足の上に上げます

その状態で背筋を伸ばしながら状態を前に倒して

お尻の筋肉を伸ばしていきます

10秒×3セットを両方行いましょう

★猫背のストレッチ

まず、バスタオルを用意します

そのタオルを折り

①のように左右の肩甲骨に当たるように当て

仰向けで寝ます

②手の甲で床を拭くように

矢印方向に10回まわします

終わったら逆回しに10回まわします

③前ならえをし

手を伸ばし伸ばしきったら下げます

下げる時は両方の肩甲骨で

タオルを挟むように下げます

④気をつけの状態から羽ばたくように

腕を上げていきます

手の甲が付くところまであげてください

 

この様に是非みなさんやってみて下さいね(^o^)

 

 

 

 

それでは今回はこの辺で

 

 

神林

 

※このブログは国家資格である柔道整復師の猪股真澄が監修しています。


中之口いのまた接骨院


******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで