ホーム > Blog記事一覧 > 産後の骨盤の記事一覧

お母さんの身体のこと

2023.01.14 | Category: 院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!柔道整復師の川本です。
新年あけましておめでとうございます!
私の今年の目標は、「何事にも全力で!」です。
みなさんの目標は何ですか?
目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!
本年もよろしくお願いいたします!


さて、今回は産後の体についてお話していこうと思います!
産後のお母さんの骨盤はとても歪みやすくなっています。
赤ちゃんが産まれるには、骨盤が開いた状態でなければなりません。
妊娠直後〜産後2.3日に骨盤の靭帯を緩めるホルモン(リラキシン)が盛んに分泌され、
少しずつ骨盤を支えている靭帯や筋肉が緩み、骨盤が開いた状態を作りはじめ、
赤ちゃんの通り道を作っていきます。

出産後、開いた骨盤は放っておいても自然と元の状態に戻ろうとします。
しかし、勝手に正しい位置に戻ってくれる訳ではありません。
そのまま何もせず放置していると、骨盤はどんどん歪んでいってしまいます。
歪んだ状態で骨盤が戻ってしまうと、その後腰痛やその他様々な痛みが出てくることがあります。
それを予防するためにも、早めの産後骨盤矯正が必要となってきます!
産後から6ヶ月までの間が歪みやすい時期であり、反対に歪みを整えやすい時期でもあるため、
この時期に骨盤矯正を行うのが1番おすすめになります!

また、妊娠中は筋肉も弱くなります。
具体的な筋肉は、インナーマッスル(腸腰筋、腹横筋など)や骨盤底筋などがあげられます。
これらの筋肉が弱くなるとどうなるのでしょうか?
まずインナーマッスルは、姿勢を保つための筋肉です。
この筋肉が弱くなったり固くなったりすることにより、猫背などの姿勢になっていきます。
姿勢が悪くなることにより、肩こり、ぽっこりお腹、背中の張り、
産前の体重に戻らないなど様々な症状に繋がっているのです!
授乳や抱っこなども姿勢が悪くなる原因になります。
また、骨盤底筋が弱くなることにより尿もれなどの原因にも繋がっていきます。
そのため、弱くなった筋肉をしっかりとつけ直すためのトレーニングも必要となってきます!

当院では産後2ヶ月〜6ヶ月の方を対象に産後骨盤矯正治療を行っております!
内容としては、1人1人の身体のお悩みに合った治療と、妊娠、出産で弱くなった筋肉を
鍛えるトレーニングをお伝えします。
徐々にレベルを上げてしっかりと筋肉を使える身体を作っていきます!
10回コースの場合、はじめの頃は1週間に1度のペースで通って頂き、
歪んだ骨盤を整えていきます。
骨盤の歪みや、身体の状態に合わせて2週間に1度のペースにするなど、
間隔をひろげていき、骨盤を正しい位置に定着させていきます。

また、当院は「新潟市赤ちゃんの駅」として登録されております!
「新潟市赤ちゃんの駅」とは乳幼児を抱える保護者が外出先で
気軽におむつ交換や授乳ができる設備を要するスペースの愛称です。
院内にはオムツワゴンの完備、調乳用のウォーターサーバー、
授乳スペースのを完備しております。
お困りの際はお気軽に当院をご利用ください!
さらに、毎月10名様限定の限定価格もございますので、
心当たりのある方はお気軽にお問い合わせください!

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで