Blog記事一覧 > 院長、スタッフの日記 > 子供の姿勢について

子供の姿勢について

2022.09.07 | Category: 院長、スタッフの日記

みなさんこんにちは!
柔道整復師の佐々木です。
最近は、暑い日も少なくなり、過ごしやすい日が続いていますね。
ですが、暑い日は熱中症の危険が高まるので、気をつけて過ごすようにしましょう!


さて、今回は子供の姿勢についてです。



【どんな姿勢が悪い姿勢?】

姿勢が悪いと言ってもどんな姿勢が悪い姿勢と呼ばれるのでしょうか?

1.足が床につかずに、ぶらぶらさせている

2.前かがみになって、机に覆いかぶさって字を書いている

3.肘をついている

4.足を組む

5.椅子やソファにもたれかかっている

6.床に座っている時に首が前に出て、背中が丸まっている

7.上半身と下半身が別の方向を向いていて、体がねじれている

こういった姿勢をとっているお子さんは要注意です!


【子供の姿勢が悪くなる原因】

1.筋力低下

最近の子供は家の中で遊ぶことが多くなり、外で遊ぶことが少なくなってきています。
スポーツ庁が行っている調査でも、子供の筋力や、運動能力が低下傾向にあります。

特に背中やお腹の筋肉が低下すると体感を支えられないため、座っていても姿勢が悪くなっていきます。
子供の姿勢が悪くなる原因のひとつに正しい姿勢を保つ筋肉が低下しているのが、原因と考えられます。


2.生活環境の変化

宿題などをする時に、勉強机以外で行っていると、姿勢が悪くなる原因になる可能性があります。
例えば、ダイニングテーブルで勉強をしている場合、周りにある物が気になり勉強に集中できずに姿勢が崩れてくる可能性があります。
ダイニングテーブルで、勉強する時は周りにもの置かないようにし、周りをスッキリさせることが重要になってきます。

また、現代の子供は座る時間が長くなりました。
学校で長く座って過ごし、家に帰ってからも、勉強やゲーム、テレビを見る時は座って過ごすことが多いため姿勢を保つ筋肉が疲れて、姿勢が崩れることがあります。


3.生活リズムの崩れ

現代の子供は外で遊ぶことが少なくなり、日光を浴びる時間が、少なくなってきています。
日光を浴びることでセロトニンという物質が活発になります。

セロトニンとは、神経伝達物質の1つで、感情のコントロールを担っています。
セロトニンが活発になることで心のバランスを保ちやすくなります。

セロトニンが不足すると、考えがまとまりづらくなったり、イライラしやすくなったり、集中力が低下することがあります。

最初は姿勢が良かったのに、集中力が低下してきて、姿勢が崩れることがある子供は、セロトニンが不足している可能性があります。


【正しい姿勢にするには?】

まず、正しい姿勢とは何でしょうか。
今回は座っている状態の姿勢についてお話します。

1.椅子に深く腰をかけ、お尻を背もたれにつけます。
ただし、勉強など机の上で作業をする時は、浅く腰をかけて身体全体が机の正面になるようにします。

2.足の裏が床に着いていて、膝の角度は90度になっているのが理想です。
机と体の間は、握りこぶし1つ分をあけます。

3.お腹を伸ばすようなイメージで、背筋を伸ばします。

そうすると、軽く背中を背もたれに添わせるような姿勢になり、これが正しい姿勢になります。


他にも、生活習慣の改善をすることも大切です。
なるべく外で遊ぶようにしたり、テレビやゲームの時間を管理したりするなどをして生活習慣を改善していきましょう!


【当院の治療法】
当院の治療としては、姿勢改善プログラムというメニューがあります。
その中で筋骨格調整という筋肉と骨格にアプローチし、骨盤の歪みを治して、姿勢を改善していきます。
また、楽トレといったインナーマッスルを鍛える機械を使って姿勢を保つ筋肉であるインナーマッスルを鍛えます。


お子様の姿勢が気になる方は是非、当院にご相談ください!


中之口いのまた接骨院

 950-1341

新潟市西蒲区道上4702

 025-375-2231

診療日 月曜~土曜

     土曜日も1日診療しています。

     午前 8301200

    午後 300700

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!

 中之口いのまた接骨院ホームページへ http://inomata-jiko.com/

 口コミサイト エキテンへ http://www.ekiten.jp/shop_6037328/

このブログは国家資格である柔道整復師の院長 猪股真澄が監修しています

・ 

#中之口いのまた接骨院 #新潟市 #新潟市西蒲区 #西蒲区 #中之口 #新潟市整体 #新潟市整骨院 #新潟市接骨院 #腰痛#肩こり#膝痛#首痛#ギックリ腰#寝違え#ヘルニア#痺れ#五十肩#根本治療#根本治療#根本改善

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで