Blog記事一覧 > 院長、スタッフの日記 > スポーツによる代表的な疾患 その二 野球肩

スポーツによる代表的な疾患 その二 野球肩

2024.07.04 | Category: 院長、スタッフの日記

野球肩とは、投球動作によって発症した肩の痛みの総称です。

 

 

野球肩の原因となる疾患

インピンジメント症候群、腱板損傷、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、リトルリーグ肩など…

 

 

野球肩の症状

主な症状は肩の痛みと可動域制限になります。

 

安静時には痛みが見られず、練習後もしくは翌日に痛みが出てくることもあります。また、投球を行っていると徐々に痛みが和らぐのでそのまま続けて投げてしまい、結果的に症状を悪化させてしまうというパターンにも注意が必要です。

 

最後に
まずは症状の改善が大切ですが、野球肩は身体の使い方、投球時のフォームなどが身体にかかってしまう負担の大きさに直結します。なので症状が改善次第、身体の使い方やフォームの見直しが重要になります。当院には接骨院と別でジムがあり、身体の使い方に詳しいトレーナーが多く在籍しているので症状が改善次第ジムで身体の使い方から見直してみることもおすすめしています!

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン