野球肘

《野球肘を改善させたいのなら新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院にお任せください。》

野球をしている方は多いかと思いますが、野球には故障がつきものです。その中でも特に有名なのが野球肘と呼ばれるものです。野球肘とは、「上腕骨内側上顆炎」といい、繰り返し行われる投球動作や不適切なフォームにより、肘の内側にストレスが加わり痛みを引き起こしてしまいます。軽度の場合、投球時に痛みを感じる程度ですが、炎症がひどくなると運動後も痛みが引かず、日常生活でも痛みが出るようになります。そんなときはお早目に新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院までお越しください。

肘関節は肩から手のちょうど中間部にある関節なため、投球動作時には力学的に負荷のかかりやすい関節です。野球肘の原因はそれだけではなく、身体のバランスが原因となっている場合があります。身体のバランスが悪いと、代償動作といって本来使うべき体の部位が弱ってきたときに、別の部位が取って代わり、身代わりとなってその役目を果たします。 投球動作は、肩甲骨を使って、肩と腕を連動させるのが、負担の少ない正しい投げ方です。

しかし、肩甲骨がスムースに使えなくなると、腕や肩だけを使って投げたり、本来使うべきではない筋肉の部位を使ったりして、誤った投げ方をしてしまい、肘などに負担をかけ、野球肘を引き起こしているのです。新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院では、野球肘の専門治療を行っておりますので、是非一度お越しください。

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで