有痛性外脛骨

《有痛性外脛骨にお困りの方は新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院の専門治療で改善することが出来ます。》

有痛性外脛骨とは、内側のくるぶしの下の方に、本来であれば退化していて存在しない外脛骨という骨が日本人には10%~25%の確率で存在します。外脛骨が存在しても痛みが無い場合も多く、その部分に痛みがある場合は有痛性外脛骨と呼ばれます。万が一有痛性外脛骨になってしまったら、一度新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院までお越しください。

有痛性外脛骨は、スポーツ障害の一種ですのでサッカー、バスケット、野球、テニスなど激しく動くスポーツを行っている方に発生致します。「なんだか少し痛い」「違和感がある」などと訴えるようであれば、そのまま放っておくのではなく、すぐに対処することが重要となります。お早目に新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院までご来院下さい。

足関節のバランスが悪いと、有痛性外脛骨になりやすくなってしまいます。内側と外側のバランスが崩れてしまい、負担が偏ってしまい、炎症を起こしてしまうのです。一度新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院の専門治療で、改善していきましょう。

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで