Blog記事一覧 > スポーツ けが,身体の痛み、スポーツ障害の治療について,院長、スタッフの日記 > 【足底筋膜炎】|新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

【足底筋膜炎】|新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2017.02.14 | Category: スポーツ けが,身体の痛み、スポーツ障害の治療について,院長、スタッフの日記

今日は足底筋膜炎について書いていきます!

まず足底筋膜炎というのは、

歩いたり走ったりした時に足裏にズキっとした痛みが走ります。

 

特に朝起きてからの数歩、デスクワークや長時間立っている姿勢から

急に動こうとしたときに痛みが走るのが特徴的です。

 
 
足底筋膜は土踏まずのアーチを支えていますが、
いろいろな理由により負担がかかり続けると炎症を発生することがあります。

 

スポーツ選手に多く、特に長距離走やステップを使うスポーツで目立ちます。

 

好発年齢としては40代が多いとされていて、
痛む場所はこの画像の3ヶ所です。

 

足底筋膜炎となる原因を簡単に…

①オーバーユース
歩きすぎ、走りすぎ、跳躍のしすぎなとがあげられます。

②足首の柔軟性の低下
柔軟性が低下していると衝撃を受け止めることが難しくなり負荷がかかりやすくなります。

③扁平足
扁平足はアーチがない分、足裏にある筋肉にダイレクトに衝撃がかかってしまいます。

④浮き指
立っているときに足の指が浮いている状態をいいます。
これは常に足裏が緊張しているため硬くなっている状態にあります。

⑤足首の不安定性
捻挫を繰り返している人は靭帯がユルいことがあり、足首の構造が安定しにくくなり、負荷がかかりやすくなります。

⑥シューズ
フィットしていないものやソールの薄さなどにより負荷がかかりやすくなってしまいます。

 

書いてきたこと以外に足底筋膜炎は足だけの問題ではなく、

全身のバランスが崩れていても起きることがあり、

痛み止めや湿布をしていても改善されることがあまりありません。

 

朝起きてからの数歩が痛い
または違和感がある方は足底筋膜炎が疑われます!

 

このような症状でお困りの方いられましたら
ぜひ、当院にいらしてみてください。

 

全身のバランスをみながら施術させて頂きます。

深口

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

 

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで

電話番号