Blog記事一覧 > スポーツ けが,院長、スタッフの日記 > 【野球肘】全力で投げられない|新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

【野球肘】全力で投げられない|新潟市西蒲区・燕市 中之口いのまた接骨院

2017.05.30 | Category: スポーツ けが,院長、スタッフの日記

 

暖かくなり、各地で白熱した様々なスポーツの試合が行われていますね!

 

いろいろなスポーツがありますが、今日は

野球少年にまつわるスポーツ障害について紹介していきます

最近こんな肘の症状に悩まされていませんか?

 

・キャッチボールはできるけど全力で投げると肘に痛みがでる

・試合が近いけど痛くて投げられない

・バッティングでも痛みがでる

・ずっと休んでいてもなかなか痛みがとれない

・痛みがあるのにレントゲンには異常がない

 

それにはこのような原因が考えられます!

 

①投げすぎによるもの(オーバーユース)

人間の肘周りには多くの筋肉と靭帯が存在します。

投球を繰り返し行っていると筋肉や靭帯に引っ張られ、肘の骨に負荷がかかってしまい痛みがでます。

 

 

②可動域制限・連動性

野球では肩や腕だけでなく、胸郭や股関節の可動域・連動性も重要になってきます。

この胸郭や股関節の可動域が狭まってしまうと、上半身・下半身をうまく連動させて使うことができず、

いわゆる「手投げ」状態になってしまい肘に多大な負荷がかかってしまいます。

 

 

③不適切な投球フォーム

不適切なフォームで投げつづけていると肘に過大なストレスが加わりやすくなり痛みを引き起こしてしまいます。

このような3つの原因から起こりうる野球肘に対し、

根本治療(筋骨格調整)という独自の治療方法を用いて施術をしていきます。

 

 

 

大事な試合がある!

最後の試合だから出たい!

 

 

 

どこにいっても良くならないという方!

一度いのまた接骨院にいらしてみてください。

 

 

原因を根本から見つけ出し治療致します。


肘

 

 

 

 

 

 

 

 

深口

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長 猪股真澄が監修しています。

中之口いのまた接骨院

******************************************************

新潟市西蒲区初のパーソナルトレーニングジム
Body make studio いのラボ

【ホームページ】はこちらです。
http://ino-labo.net/

【twitter】はこちらです。
https://twitter.com/inolabo1

【Facebook】はこちらです。
https://www.facebook.com/inolabo/

中之口いのまた接骨院
〒 950-1341
新潟市西蒲区道上4702
025-375-2231

診療日 月曜~土曜
    ※土曜日も1日診療しています。

    午前 8:30~12:00
    午後 3:00~7:00

休診日 日曜祝日、木曜午後

腰痛、肩痛、膝痛、交通事故、むちうち、スポーツのケガ、スポーツ障害なら!
中之口いのまた接骨院

新潟西蒲区で口コミナンバー1になりました!
口コミサイト エキテン

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで

電話番号