シーバー病

《新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院ならシーバー病をキレイに改善することが出来ます。》

シーバー病とは別名「踵骨骨端炎」とも言い、オスグッド・シュラッター病などの成長痛の一つです。オスグッド病は12歳から15歳で発症するのが一般的ですが、シーバー病は、10歳くらいの、特に男子に発生するスポーツ障害とされています。シーバー病になってしまったら、新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院までお早目にお越しください。

発達段階の子供は、踵の骨の先が成長軟骨という柔らかい骨で出来ています。人間は様々な動きをするたびに筋肉が収縮するため、そのたびに成長軟骨をアキレス腱や足底筋膜が成長軟骨を引っ張ってしまい、炎症を起こしてしまうのです。新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院で、まず炎症をしっかりと取り除き、手技療法や物理療法を使い筋肉などの組織をほぐしていきます。

シーバー病は、骨盤などの骨格にも原因がある場合があります。骨格がゆがんでしまう事によって、身体の様々な筋肉や関節などのバランスが悪くなってしまい、セーバー病を引き越している事がありますので、新潟市西蒲区・燕市の中之口いのまた接骨院でしっかりと調整していきましょう。

当院へのアクセス情報

中之口いのまた接骨院

所在地〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区道上4702
駐車場13台あり
電話番号025-375-2231
休診日木曜午後・日曜・祝日
院長猪股 真澄
中之口いのまた接骨院へのアクセスマップ

セーブオン中之口店(上越新幹線沿い)から当院まで

JR巻駅~当院まで

新潟市南区 白根郵便局~当院まで